吉田精工株式会社

吉田精工株式会社

その他

企業の特徴・PR

吉田精工(YSK)は、1916年に日本で最初に軸受(ベアリング)を世に送り出した日本精工株式会社〈6471〉の専属協力工場として1961年に富士吉田市に設立されて以来、この地で軸受(ベアリング)のコロの生産を行ってきました。 日本精工の発展・繁栄を受けて、YSKでも各種産業用軸受に始まり、新幹線をはじめとする高速鉄道車両用、風力発電用風車など、時代をリードする製品の生産に携わってまいりました。

出展者情報

出展企業名 吉田精工株式会社
所在地 山梨県富士吉田市上吉田4824-1
電話番号 0555-22-2442
FAX番号 0555-22-7827
URL https://shanetsu.biz/
E-Mail smk_inquiries@shanetsu.jp

主な製品・技術・サービス・ソリューション

『遮熱シート』 断熱ではない、新しい発想の『遮熱』。昨今の企業活動の懸案事項でもある、熱中症対策と省エネが両立できて、しかもランニングコスト「0」(ゼロ)。

主な展示品
(製品・技術・サービス・ソリューション)

今年7月開催の《第9回東京猛暑対策展》ここで話題となった遮熱という考え方
熱中症・省エネ対策を一挙解決します
【遮熱シート】わずか、0.2mmのシートを貼るだけ
【シャネボウ】ヘルメットに貼る熱中症対策グッズ

わずか0.2mmのアルミシートこの薄いシートが“熱”の常識を変える。
伝わる“熱”、奪われる“熱” これ一枚で、全て解決!
遮熱シート「トップヒートバリアー」の開発メーカーです。
日本遮熱の加盟店、2016年から遮熱事業を行っております。

動画

【屋根にトップヒートバリアーを貼ってみた 温度実験】
「遮熱ってなに?」
「輻射熱って?」
遮熱材「トップヒートバリアー」を貼った方と貼らない方での簡単な実験です。貼ってある方貼っていない方が一目瞭然で分かると思います。

【【すごい内装材(壁紙)】で熱中症対策!日本遮熱(株)内装材PR動画】
通常の内装材(壁紙)との比較動画を見て下さい。この内装材(壁紙)を全面に施工するとエアコンの効き目が抜群に良くなり快適な空間を演出します。

【シャネボウ「メットクーリング」実験】
日本遮熱「トップヒートバリアー」を使ったメットクーリングの実験動画です。
【ついに完成!?】シャネボウ メットクーリングCM
https://www.youtube.com/watch?v=J3m_8-P_m6U

デジタルカタログ

【トップヒートバリアー/総合】
トップヒートバリアーの総合パンフレット、遮熱の仕組みや施工実績など、これ一冊で全てが解る!?

【トップヒートバリアー/内装材】
個人宅や企業の事務所は、以外にも内装(壁紙)を変えた方が遮熱効果が高い!
な~ぜ、な~ぜ?

【トップヒートバリアー/メットクーリング】
夏場の外作業の救世主。これでヘルメットな中は「熱くない!」

【トップヒートバリアー/ラップ工法】
屋根遮熱の最終形。30年ゼロエネルギーで、省エネ効果60%。※メンテナンスは必要です。